ホイミソ堂 ドラクエ10攻略ブログ

*

【もしドラ】もしもドラクエ10のディレクターが吉田直樹だったら

      2018/06/12

吉田直樹氏とは

同社の超人気MMO『FF14』の
現プロデューサー兼ディレクター。
かつては、DQ10の中核スタッフでもあった。
OPムービーでは、りっきーと同等の扱い

しかし、この人がドラクエ10スタッフとしては
あまりおなじみでないのは
2009年(推定)ごろに起きた
騒動によりスタッフから外れたため。

騒動の顛末

バージョン1ディレクターの
藤澤氏は、DQ9のディレクターでもあり
2008~2009年の間
DQ10の開発から完全に抜けていた。

そして、DQ9の開発が一段落し
DQ10の開発に戻ると、そこで見たものは
もはや、ドラクエとは言えない別ゲームだったという。

この事は開発運営だより14号に記載されている(上記は一部抜粋)
そこでとった修正案。

青山さん立案、藤澤さんが実行。
吉田直樹氏をDQ10スタッフから除外。
(吉田氏は、のちに新生FF14のP&Dに就任)

※追記
吉田氏によると、出張から戻ったら
席が無かったという。
さすがにそれはギャグで、盛ってると思うけど。

この事に藤澤氏はケジメをつけるためか
自身もDQ10のバージョン1終了をメドに
DQスタッフからの離脱を決意したという。

実際、藤澤氏はバージョン1終了後
ドラクエの制作から完全に離脱。(さらに現在は退社済み)

もし、藤澤氏がこのような決断をせず
吉田氏主導のドラクエ10がリリースされていたら
一体、どんなゲームになっていただろうか?

妄想してみたぞいっ!

バージョン1のDが吉田直樹氏だったら

ゲームに影響のない部分のコストカット。
多彩なモーションなど一切不要!

種族・性別・職業関係なく
すべて同じモーション化。

NPCは、マネキンのような
無表情で口パク。

信じられないけどそういう方針をとる。
その分、ゲーム内容が充実するぞ!

こだわりのUI

UIとはユーザーインターフェイスの事。

堀井先生曰く、ゲームは
「使いやすさより、わかりやすさ。」

この言葉に吉田氏は感銘を受けたという。

しかし、わかりやすさより使いやすさを重視!

堀井先生の言葉に感銘を受けたとは。

初見では、何がなんだかわからない
アイコンだらけになるけどがんばって覚えよう。

また、カメラをいっぱいまで引くことができるようになり
豆粒のようなキャラクターでバトルができる。
豆粒では、何してるかわからないので
モーションに種族差がつかないのも納得。

それと、ACTなどの外部ツールが容認され
UIに組み込む事ができ
自分にあった便利な環境で楽しめる。

※注 ACTは現在のドラクエ10では不正行為です。

実際、FF14では
ファミ通.comに上がっている動画が
ACTを使用している動画だったり
公式放送のMCが普通に使っていたりする。

CS版だとACTが使えなくて不公平?
PCでやらないやつが悪いw

戦闘システムのスタイリッシュ化

属性など、とっつきづらいシステムは廃止。
属性の存在を撤廃
「あのボスは炎弱点だからメラで攻めろ!
氷は効かないからヒャドは撃つな。
雷攻撃してくるから雷耐性を盛れ。」

こんな、めんどくさい事はおきなくなる。

『属性があると、それありきになるじゃないですか。』
と、全ての属性を撤廃。

フレイムにメラもヒャドも同じくらい通るし
ブリザードにメラもヒャドも同じくらい通るようになる。

いちいち、弱点属性を考えなくてよくなり
遊びやすくなるぞ。

複数回攻撃武器の廃止
『切れ味は、ほどほどだけど2回攻撃できる。』
「それって意味あるんですか?w」

はやぶさの剣などは廃止。

武器は、すべて画一的な性能になり
非常にわかりやすい。

際限なく楽しめる成長システム

現在のドラクエ10の
成長スピードはかなり控えめ。
時間をかけて、じわじわ成長

ドラクエであるという前提の
数値内でおさめようとしているのと
延命を考えての措置だ。

吉田氏は、MMORPGにおける
成長要素の大切さを本当によくわかっており
ドカーンと数値があがる。

バージョン1.0の時のHPが250としたら
バージョン2.0時にはHP2000
バージョン3.0時にはHP20000
バージョン4.0時にはHP200000

こんな感じで大きく変わるビルド要素が楽しめるぞ。

伝説の武具も続々登場
武器や防具の方も、アップデート後は
更新しないと遊べないレベルで
パワーアップしていく。

ロトの剣なども普通に実用武器で登場するけど
ロトの剣がでた、次のパッチで
店売りの装備よりロトの剣が弱い扱いになる。

それと、ロトの剣(オノ)なんていう自体も発生。
意味がわからないかもしれないけど
ロトの剣という名称なのにオノだ。

武器・防具の伸び率がすさまじく
数ヵ月に1回、既存の装備品が全て
完全なるゴミになるんで復帰しやすい。

本当に欲しい人へ住宅を!

住宅がうまっちゃった…
住宅、空いてないじゃん。
引退した人のおうち撤去してくれよ・・・。

大丈夫!
吉田氏の場合は45日間
自宅に入らなかった人の家を撤去してくれる。
注意しなくてはいけないのが
『45日以内に家に入らないといけない』事だ。

ログインしてても、家に入らなければダメ。

なお、自宅が撤去された場合
家具や庭具などはあらかた消滅する。

45日間、家に入らないような人には家は不要。
まったくもって正論。

魚のグラフィックはカット

なんか、最近はアップデートごとに
必ず追加される、お魚。
捕まえた魚を見れる、出せる

これらのグラフィックや
ビチビチ跳ねるモーションを作るのは
非常に手がかかる。

この部分はコストカットで
他の部分に力を入れてくれるぞ。

結果、魚が釣れた時
どうなるかというと光の玉が釣れる。

文字で「〇〇が釣れた。」と表記され
何を釣ろうと、グラフィックはすべて光き玉。

中長期的展望をしっかり語ってくれる

現在は1年~2年に1回しか将来の展望を語ってくれない

吉田氏は非常に有能なうえに
トークがうまく、将来の事も語ってくれる。

例えばどんな感じかというと
バージョン2の発売直前に
「バージョン3では、こういうのを考えています。」

バージョン3の発売直前に
「バージョン4では、こういうのが待っています。」

新拡張パッケージを前にして
次の拡張を語ってくれるくらいサービス精神旺盛。

しかし、しゃべりすぎて、時には…。

現在、〇〇を作っている。
     ↓
現在、〇〇が形になっている。
     ↓
もう少しでお見せできそう。
     ↓
すでに実機で動かせている。
     ↓
今度、見せる。
     ↓
サービス終了。

こんなおちゃめな事も発生☆

ディレクターがゲームのすべてを
作っているわけではないけど
ゲームの方向性を決めるのに
1番影響力があるのは間違いない。
もし、追い出されたのが藤澤氏の方だったら…。
こういったドラクエ10があったかもしれない。

TOPへ

アドセンス300×250


 - プロの妄想