ホイミソ堂 ドラクエ10攻略ブログ

*

今までありがとうりっきー!プロ視点で見る2代目D

   

夜話&開発運営だより39号にて

放送と文章に渡り
りっきーがディレクターを
辞める想いなどを語ってくれた。
ニコニコ生放送で放映された夜話

視聴はコチラから 要ニコ生アカウント

いきなり、ライバルズに関しての
謝罪会見から入ってたりする。

数日前まで怒号が飛び交っていたものの
現在はバージョン3の開発がすべて終了し
りっきーは、おやすみをとれる
状態になっているようだ。

開発・運営だより 第39号

閲覧はコチラから

りっきーが執筆する最後の開発だよりになる。

ところで、この開発だよりの告知の
公式トゥイートにこんなリトゥイートがあった。
「開発だより内のスクショに誤字が!」
バットエンドではなくバッドエンドでは?
おい!!
これはバトエンとバッドエンドをかけて
バットエンドって組織名なんだよ!!
りっきーを休ませてあげろよ!!!

という感じで、今日は
りっきーを完全擁護させていただきます。

やる気と熱意が誰よりもあった

りっきー、3年半での変化
どちらかというとふっくらとしていた
感じだったのにいつのまにか骨と皮に…。

それだけ激務だったんだろうか。
生半可な事じゃ、人間こうはならないよ!?

しかし、りっきーがやつれてくのに反して
りっきーの評価は
バージョン2の後半以降下がっていく。

最初のほころびは、行きすぎた緩和だろうか。
カジノコインと、ちいさなメダルの価値崩壊。

夜話や今までの話を総合すると
ジンジャエールの摂取をやめてから
痩せはじめ、突然、頑固になったらしい。

それでも、「アレ、これはどうなのかな?」
と、いう部分がありつつも
楽しいゲームが提供されていた。

バージョン2の最後は
PT同盟によるダークドレアムとの戦闘が
実装され、大いに盛り上がった。
バージョン2だけ見ると
りっきーは最高のディレクター。

バージョン3以降のりっきー

まず、よく批判される
バージョン3のダメだった点を3つ。

3.0で新大陸にいけなかった事。
バージョン3における巨大コンテンツ
『不思議な魔塔』『学園』などの大コケ。
アップデート間隔の長さ。
(メインシナリオ供給の遅さ)
なぜか、ほとんどソロ用ゲーム『学園』

たしかに、学園はサイトーVさんが
直接「ダメでしょ」というくらい
ダメだった部分もある。

・・・でも。
いや、やっぱダメだわ、擁護ムズい。
せめてオンライン要素があれば耐えられた。

それはともかく、失敗した
コンテンツばっかり槍玉に上がるけど
おもしろかった遊びもいっぱい
あったと思うんだよねー。

邪神の宮殿や常闇の聖戦のような
バトル系コンテンツだけでなく
すごろく、スライムレース、トラシュカみたいな
ワイワイ気軽に遊べるものなど。

それらを総合して考えると
1番ダメだったのはアップデート間隔
だったんじゃないかと思う。

例えばバージョン3の内容が
今とほぼ一緒でも
2年半じゃなく1年~1年半で
終わっていれば評価は全然違ったはず。
(開発力的に半分の期間では厳しいだろうけど)

なんだかんだでストーリー後半は
演出も含め、最高によかった
楽しかったコンテンツもいっぱいあった。

前期・後期制にしたあげく
9~10週に1回のアップデートに
なってしまったのが不運だった。

開発人員の少なさのせいなのか
次第にアップデート間隔が空き
バージョン進むのが20週に1回。

安西政権は、それを克服

この体制の変更
安西先生、マジ神だと思った。
同じ開発力なら、この方式のが絶対いい。

と、まぁ話がそれたけど
バージョン3全体の内容を見ると
魔塔や学園のような空振りはあったものの
おもしろいゲームだった。

ほんと、何度も言うけど
アップデート間隔だけがやばかった。

バージョン3に関して
最高のディレクターだったかというと
バージョン2と比較した場合
ウーンとなってしまう。

しかし、りっきーのやる気、熱意を含め
他ゲームと比較するといいディレクターだった。

キミたちは、本当に
頭イッてるディレクターたちを
知らないだろう…。マジ、やべぇから。

そして、同じ人がやりつづける事による
行き詰まりを感じていたし
交代はいいタイミングだったと思う。
バージョン3になるタイミングで
ディレクター降りてたら
それはそれで不満が多かっただろうしね。
プロドラクエプレイヤーとして
みんなを代表してりっきーに言いたい。
「今まで、楽しい時間と感動をありがとう。」

そして…。

りっきーがドラクエ10の
ディレクターでよかった。
不満も色々あったけど
りっきーより熱意があって
上のディレクターなんてそうそういない。

TOPへ

アドセンス300×250


 - コラム