ホイミソ堂 ドラクエ10攻略ブログ

*

常闇の聖戦に迫る難易度!やみのころもつきゾーマをプロ攻略

   

まずはりっきーにゴメンナサイ

今回の『大魔王ゾーマへの挑戦』
30分で遊び尽くせる
イベントとか言ってゴメンナサイ。
2時間以上遊べます。
りっきー「いいんだよ、わかってくれれば。」

1回倒せば、終わりかと思いきや
『別な遊び方』があった。

ありがとう、りっきー。

「ひかりのたま」を受け取らない

リーダーがこれを受け取らない事により
原作でもあった遊び方が出来る。

どんなものか詳しく解説。
ネタバレがイヤな人は見ないようにしよう。

ちなみにクリア者で行くと
道中をショートカットできる。

入口を調べてみよう

いきなりゾーマのもとへ直通。
アイテムが全部手に入り
3悪魔を倒した状態からスタートできる。

やみのころもゾーマの特徴

挙動は通常版に似ている
通常版と背景が違う。
ゾーマに被ダメージ25%カット効果付与。
(DQMJ3Pのゾーマを再現)
すべての特技・呪文・攻撃の威力大幅アップ。

適当にやっても勝てた通常版と違い
原作おなじみでない技の効果
対処方法を知っておく必要がある。

マヒャド まず避けられない範囲呪文
こごえるふぶき 後方以外へ広範囲ブレス
いてつくはどう 強化消し+自身の悪い効果消し
残りHP80%くらいから追加
『滅びの愉悦』
対象へ確定が早い直線範囲。
イメージとしては発生の超速いギガスロー。
350前後のダメージで
後衛はまんたんでも即死。

チャジタで止めるのもシビア。
ある程度くることを予測しないと
3~4人で食らう事もザラ。

『死絶の美学』
対象と周囲へ遠隔ランダム6回攻撃。
イメージとしては
マデサゴーラの念じボール。
ダメージは120~130×6
分散させるか防御しないと死ぬ。
残りHP60%以下くらいから追加
『魔王の抱擁』
設置型の罠。
ほとんどの場合ゾーマの周辺に3ヵ所出現。
たまにちょっと変な場所にも設置される。

出現から、確定までが早い。
食らうと動けなくなったうえに
時間ごとにダメージ。
当たったら大抵の場合、死ぬ。

HP半分以降
マヒャデドスとかがやく息追加。

どちらも無対策だと僧侶・賢者は即死。
かがやく息にいたってはフバーハ2段あっても
僧侶はたまに即死する。

プロがチャレンジ

最初は、ズワイガニ食べ放題ツアーの
バスの中にいる気分で遊んでたけど
なんか負けまくって本気になる。
あともう一息ってとこでも…

ゾーマさんいい笑顔。

愉悦で一気に崩壊

2人以上死ぬと立て直しが非常に困難。
ゾーマのターンまわりが異様に速く
蘇生・回復が追い付かない。

勇者 賢者の石とギガデイン主体。
戦士 壁と、いいとこでチャジタ。
僧侶 フバーハと回復等。単体への回復はベホマ。
賢者 なんか色々。
最終的に、マホカンタは
黄色以降は後衛2人にだけかける事にした。
全員にかけるのは困難。

どの職もターン貯め気味に行動推奨。

挑戦すること2時間あまり…

ゾーマ初日のゴールデンタイムのためか
重くなりたまにラグが起きる。

それよりも1番問題だったのが
急に愉悦しだす事。

そして何度か追い詰め…、最後は…。

大いなる一撃で粉砕骨折

攻撃のほとんどはAペチだったけど
終盤だけなんとなくやいばくだき使用。
これが、見事トドメになった。

さすがプロ

14分に感じない濃密な時間。
常闇の聖戦にせまるほどの難易度。

愉悦の範囲だけちょっと納得できないけど
それ以外は見事なバトルバランス、歯ごたえ。

やる場合は仲間を4人集めてトライ。

ちなみに称号や特別な戦利品は一切無し。
冒険日誌にはひっそりと載る

期間限定イベントとはいえ
称号くらいあってもよかったんではー!

隠された遊び、闇ゾーマを解説。
我こそはというプレイヤーは
フレンドを誘ってチャレンジしてみよう。
なかなか勝てなかった場合いっぱい遊べるヨ。

TOPへ

アドセンス300×250


 - 強敵