ホイミソ堂 ドラクエ10攻略ブログ

*

カジノ逆天井を今さら語る

   

それは、2年前の出来事

もうすぐ、お正月。
2年前の正月はチームぐるみで
逆天井にくびったけだったのを
思い出して当時の騒動を振り返る。

そもそも逆天井とはなんぞや
逆天井とは、2年前に修正されるまで
ポーカー台に存在した隠された機能。

ポーカー台で島(8台)の負けの
合計が一定を超えると
強制的にレイドが発生する仕様。
(具体的には3Fで50万枚くらい)

本来は負けがこんだプレイヤーへの
救済措置として設定されていたのだろう。
ところが、この救済効果がすさまじく
大きく、あえて8人が大負けして
コインを飲ませレイドを発生させると
大儲けできる。

わざと負け続ける

今と違って、当時のカジノは
非常に辛く稼ぐのが困難だった。
この方法が知れ渡ると、またたくまに
逆天井PTが流行した。

ただし、1度レイドが発生した島は
リセットがかかるまで、逆天井を
起こすことが困難。
また、参加した8人の間で
儲けの差がけっこうついたりする。
(言うほど無条件で簡単でうまい
というわけでは無かった。)

それでも、普通にプレイするよりは稼げる。
加熱する鉄火場

ゴールドでレイド確定席を
売るものがでたり
一瞬、席が外れたのを狙って座る
「エナ行為」が行われたりもした。

※エナ=ハイエナの略
レンドア北にいるNPCでは無い。

2015年 1月15日 終止符

逆天井機能の撤廃を発表。
本来のカジノの遊び方から
逸脱した状態になっていたからだ。

これは不具合だったの?

先に結論を書くと、NO!

不具合ではなく仕様。

公式で認めている

そもそも、意図してない挙動ではなく
開発が設定した救済機能なのだ。
一定数負けがこむと、大当たりが
来るというのは、現実のパチスロでも
ある事らしく、そちらは天井と呼ばれている。

エナも、現実の鉄火場用語
当時、逆天井してた人たちの事を
悪人や、不正者のような扱いを
する人たちがいたが
公式で、問題無いと判断された行為。

最初に書いたとおりプロもやっていた。

まずかった運営の対応

ここまではよかった
全員で損をすると儲かるという状況は
カジノゲームとしておかしい。

逆天井を撤廃、これはわかる。

しかし、それと同時にスロットを
やればやっただけ儲かるように修正。

何を考えているのか意図が不明。
人がいるとこでスロットまわしてるだけで
コインが増えていく状態になった。
ギャンブル要素無し。

結果、カジノコインの超インフレ。
かつては猛者の象徴だったキンスラハウス

今までやってきた事は
なんだったのかというばかりの
コンテンツクラッシュ状態。

そればかりか、まわしてるだけで
増えるのでBOTが横行するようになる。
3ヵ月後追加のすごろくで完全にトドメ

初期のカジノで6万枚って
どれだけ熱くなって稼いでいたか…
あるいは溶かしていたか…

苦しい思いもしたけどアツくなれた。
あの日の楽しさはもう戻ってこない。

そして超インフレしたコインは
おみくじボックスに交換され
福の神コインにかわり
ふくびき相場を荒らす。

逆天井を境に崩壊したカジノ。
もう、スロットやポーカーで
遊ぶ事は無いだろう。
当時はプレイヤー人口最盛期。
バージョン3目前ですぐ鎮火されたけど
この事件の始末は、ドラクエ10の歴史で
1~2を争う最悪な対応だった。
不具合は直せるけど
インフレは戻せない。

TOPへ

アドセンス300×250


 - その他