ホイミソ堂 ドラクエ10攻略ブログ

*

ルールが変わったんだ!錬金の新相場

   

錬金職人の儲け方

錬金石実装以降ルールが変わった錬金職人

錬金のゲーム性は変わってないのに
錬金職人のやる事は大幅に変わっている。
今回はそれを解説。

過去に何度も紹介してる事の
寄せ集めな上に現役の錬金職人にとっては
「何当たり前の事いってんのコイツ。」
っていう内容になる。

例えば風雲の大盾

未錬金の星3が350万するのに
成功埋め尽くしで、130万弱になる。

「なんで、全部成功して
200万以上の赤字になってんの?
チーターが相場壊してるに決まってる。」

そう思った方ちょっとお待ちください。
これは錬金やってない人でも
ホイミソ堂をバッチリ復習してる
読者なら答えがわかるよね。

答え「アホみたいにパル狙いしてるから」

結果、埋め尽くしだらけになってしまい
価格破壊を引き起こしている。

この商材を選んでおいて
ブレスガード以外の錬金で
「成功狙い」してる時点でおかしい。

これが130万だなんて
消費者にとってはかなり嬉しい状態。

黒曜のマンダラも同様

成功埋め尽くしが180万程度で買える。
錬金職人は、まともに成功など狙ってない。

どいつもパルで呪速狙い。
実は呪速以外でもおいしい

初回に魅了か幻惑がつくと970万になり
これだけで700万の利益が出る。
マヒがついても500万の儲け。

初回に呪速がつくと2500万の儲け。
じゃあ、その品をさらに錬金すると…?

もしこの状態で、さらに
魅了や幻惑がつくと儲けは数千万になる。
しかし、今回は失敗してしまい赤字。

失敗部分を錬金石で成功以上に戻せるため
パルがおいしい商材を職人は失敗をおそれず
全力でパルするようになってしまった。

この手の物は埋め尽くしが激安。
「お値段以上ニ〇リ」状態。

攻撃錬金が主流なもの

こうげき力6、かいしん1.4が主流の武器
例えばトールナイフ
未錬金星3、280万。
こうげき埋め尽くし 260万
かいしん埋め尽くし 320万

こうげき錬金は完全に赤字。
かいしん錬金も手数料と錬金代を
考えると儲かっていない。

短剣に限らず、今回の93武器の
ほとんどがこんな感じになっている。
じゃあどうやって儲けるの?

昨日のトールナイフは邪神特需で
朝のうちに完売したので増産。
10本作ったら星3が8本。
さすがプロ。(利益700万ほど)

こういう時どうする?

例えばこういう盤面の場合
成功シュートで島を増やしてから
成功率アップするのは昔の人

大成功、超成功しか狙わない

パルプンテが1番邪魔として。
成功なんて、失敗に毛が生えた程度の価値。
成功シュートは封印安定。
成功率アップも1番最後に
端数が出る時にしか使わない。

予知系と大成功・超成功アップのみ使用。
2個失敗、1個超成功の品

実はコレ、292万。
成功埋め尽くしより価値があるという。

今回は運よくパルを回避できて以下の結果。
(-3)(-3)(-3) 205万
(-3)(-3)6 220万
(+1)(-3)(-3)260万
(+3)(-3)(-3)292万
(+3)(-3)6 369万×2
(+2)(+1)6 414万
(+3)(+3)(-3)900万
国宝級惜しかった!

国宝できたら自分で装備しようか迷ってた。
ちなみに、同様の物は現在バザーに
並んでないけど午後9時の時点では
980万ほどで販売されていて売れた模様。

最後の品を少し低く見積もって
900万として。
バザー手数料、錬金費を抜いた
今回の錬金の成果は…

+500万

よく見てください。
国宝一歩手前のがあるおかげとはいえ
8個中7個失敗混じってる品。
こんな状態でも利益でたりする。

全部、超成功のおかげ。

※これは今回の武器での話。
防具になると耐性は成功狙いでいいので
話が変わってくるので注意。

成功埋め尽くしで利益がでない現状は
一見するとおかしく見えるかもしれない。
しかし、実際はこのような
手段で利益を得られる。
昔、リーチロー先生が
「錬金は商材選びが大事」と仰った。
それは「付ける効果」「何を狙うか」
含んでの事だ。

※今回、割とうまくいってるけど
資本金無い人は手を出さない方がいい。
特にパル狙い。

TOPへ

アドセンス300×250


 - プロ職人