ホイミソ堂 ドラクエ10攻略ブログ

*

まもの使いの先輩が訪問!『モンスター大事に!』

   

元祖まもの使いの人が降臨

人生の半分が奴隷か石だったけど
今は国王な、あの人がアストルティア視察に来たゾ。
口癖は『なんだと!?』

副業でまもの使いもしてるんだ。

「こっちの世界にも
まもの使いがいるらしいな。
どんな感じか見てみよう。」
適当に歩いてたらまもの使いらしき人を発見

「まもの使いは雰囲気でわかるんだ。
フフーン、あのコはホイミスライムを
仲間にしようとしてるな。」

どんな風にてなづけるのか楽しみだ。

全力で殴りだした

え・・・。

「いや、ちょっと待って。
何が『仲間になりたそうにこちらを見ているな』だよ。
全力で殴ってるじゃないか。」

ホイミスライム10体くらい
即死させるダメージでてるよ?
仲間になる前にあの世行ってるよ。

「ほーらみてコレ。
表皮が完全にひしゃげて体液が
ドクドク地面にしみこんで原型がない。
やべぇよ、コレ。グロいよ!!」

驚きをよそに、まもの使いの女の子は
次々とホイミスライムをぶっとばし始めた。

しかし、一向に仲間にはならず
地面にはホイミスライムだったもの
増え続けていく。

「キミ、そんな事じゃモンスターは
仲間になってくれないよ、もうやめるんだっ。」

さすがに見るに見かねて声をかけてみた。

「オ、オッサン!?」
「何、出会い厨?
おっさん、ウザいんすケドー。
スカウトアタックの邪魔しないでくれる?」

出会い厨、スカウトアタック・・一体何の事だ。
このモンスターを全力で殴る行為の事だろうか。

再び虐殺開始

スカウトアタックという名の
殺戮行為が止まる事は無かった。
もう、20・・いや30匹は
死体が積み重ねられただろうか。

ちょっと死骸が臭い。

そんなこんなで夜になった頃…。

奇跡的に起き上がった

本当に仲間になった。
どうしてこれで仲間になるんだ!?

というか1匹のモンスター仲間にするのに
スカウトアタックとやらをしすぎじゃ?

ステータス表示

レベル1のわりに強いな。

「ん、この性格というのはなんだろうか。」

せいかく ロマンチスト
「ねぇ、キミ。この性格というのはなんだい?」
「あ?性格は性格だよ、特に意味はねぇよ…。」

性格に意味は無い、どういう事だ!?

「性格によってステータスが違ったり
AIの行動が変わったりとかあるんじゃ?」
「・・・ない。」

えっ!

「全部、一緒。
性格に意味なんか無い。」

「なんだと!?」
じゃあ、なんのためにあるんだコレ。
なんのために設定されてるんだ!?

何がロマンチストなのだろうか。

名前命名

モンスターに名前をつけはじめた。
どんな名前をつけてあげるのかな。

『まらすけ』

ちょ、なにこの名前。

「キミ、もっと考えた名前つけようよ、ひどいよこれは!」
「チッ、うっせーな。」

まったく反省の色が無かった。

「仲間だろ、大切にするんだ!
これからキミと一緒に冒険するんだろう。」
「そんな事しねーよ。」

え・・・。

「牧場に放り込んで討伐とかだけしかしねーよ。」
「なんだと!?」

話を聞くと、捕まえたモンスターは
格闘場と呼ばれる場所でモンスター同士で
殺し合いをさせるか、討伐などの
雑務(要ジェム)をさせるだけらしい。

一緒に旅をする事は極めて稀。

・・・なんてことだっ。

仲間モンスターは家族だろ!!

この一連の出来事に憤りを感じ
どうしてこうなっているのか、綿密な調査を行った。

すると、どうやら『りっきー』という
男が定めたらルールらしい。

執拗なスカウトアタックを繰り返す作業や
何の意味があるのかさっぱりわからない性格付け。
女の子がモンスターに『まらすけ』とかいう
名前を付ける行為もだ。

大切にしよう、仲間モンスター
ここが変だよアストルティアのまもの使い。
本当のモンスターは開発にいるのかもしれない。

TOPへ

アドセンス300×250


 - プロの妄想