ホイミソ堂 ドラクエ10攻略ブログ

*

キャラの見た目が影絵化!ポーリーランド5で紹介されたやつより

   

どうしてこうなるんだ?

って、思わずにはいられない感じにキャラや家具が影絵化。
その方法がポーリーランド5で紹介された。
氷像風でキレイ!

※注 これはこういう家具があるのではなく
家具のコンビネーションでこうなってます。

なんと、自キャラでも可能
とっても幻想的!

詳しい、やり方については動画で見た方が
ピンとくると思うんで、昨日の夏祭りのタイムシフトを
見た方がよいです。

必要なものが2点×8個
DQショップで買える
『たゆたう水面投影機』を8個。

これは400円。
1回購入するとフリーパスで
無限に手に入るんで、購入は1回でいいです。

そして『銀河のカーテン』を8個。

これはバザーで購入可能。
現在1個25000Gほど。

バザー以外での購入手段は
七夕の里の売店なんで、来年の七夕までムリ。

この2つをそれぞれ8個ずつ重ねて
重ねたものをほどよい距離開けると装置が完成!

原作者に突撃してきた!

実はコレ、3ヵ月前から知ってました!

と、いうのも…。

フレンドから、こんな手紙が送られてきて…
写真はこんな感じ

で、実際にここへいくと装置があり自分も氷像化。

(なんで、こうなるんだ…。)

と思い、原理を知りたいも家主不在。
その後もログイン時間があわず
ブログでとりあげる前に風化。

ワイ、アルツやけん、すぐ忘れてしまうんよ…。

しかし、今日は原作者がおったので
今さら原理を詳しくインタビュー。
ウェイッ!

ちなみに地面も凍るんでプクだと視点をうまい感じにするか
宙に浮いた方がよい塩梅になります。

まず気になったのが、なぜ8個必要なのか。

実際は8個じゃなくてもいいけど
最も映えるのは8個だという。

それについては、どうも投影機は重ねるほど
水の膜が濃くなっていくらしい。

そして、銀河のカーテンの
カーテン部分が水の膜より濃くないとダメとか。

ごめん、わかったようなわからないような気分。
装置が弱いとこうなる

ともかく、投影機からでる水ビームを強力にしつつ
うまい具合に遮断した結果できる現象。(だと思う。)

ちなみにこの水ビームは中心なほど濃い。
なので背の低いプクは
中心から遠いのでうまく影絵にならない事も。

そういう時は…。

プクが斜面で立てるように装置を設置

斜面や階段などで、装置の高さに対して
なるべくプクが中心にいけるようにする。

この装置での撮影のあれこれ

モノクロかセピア調で写真を撮影すると
自キャラを真っ白にできちゃう。
自キャラが真っ白!
「もともと、こうじゃない?」

そう思った方、ちょっとお待ちください。

本来、モノクロ撮影すると自キャラの色は黒

それと自キャラが変化してもちゃんと対応。

机まで凍る!

逆に凍らないものは、エフェクト。

エフェクトは変化無し

これを利用して色々おもしろい写真を撮ってみて下さい。

影絵というか氷像というか
そんな感じになれる方法を解説。
装置に必要な、たゆたう水面投影機は
DQショップでたったの400円。
8個必要だけど買うのは1個でいいからな!!
フリーパスで残りの7個もらえよ!!!

TOPへ

アドセンス300×250


 - 庶民の遊び