ホイミソ堂 ドラクエ10攻略ブログ

*

シリーズ名場面を再現!カウンドダウン記念画像集

   

本日までの特典画像集

※注意

本文にDQシリーズに関する
ネタバレが若干あり。
主にDQ5、6、8、9。
未プレイの人は画像だけを見るが吉。
ついに明日、DQ11発売
現在、発売記念として
便利ツールでは特別ログインボーナスが貰える。

さらに、DQ11発売記念
カウントダウンキャンペーンとして
おでかけ便利ツールで7月19日より
毎日、DQ10でDQ1~10を再現した
記念画像が公開されていた。

見逃した人も多そうだし
画像あげちゃうゾ。
ドレスアップ部分もプロ解説。

ロト3部作

DQ1~3は共通の世界が舞台。
ロトの勇者の話になり
主役はすべてロトの血族となる。

DQ11もこれに関係あるとか…?

すべての伝説はここから
DQ1より

現在、DQ10内において唯一
DQシリーズのラスボスが登場しているのが1。
(今はもう戦えないけど)
装備品もあるでの原作再現が容易。

シリーズ屈指の難易度
DQ2より

PTプレイが初搭載された作品。
仲間にはそれぞれ役割分担がある。
蘇生ができるサマルトリアの王子が死亡し
FC版では絶望な状態を再現。

サマルトリアの王子のコスプレは
再現しようとすると微妙にしっくりせず
苦肉の策でこの場面を作った背景もありそう。

文中表現の訂正
誤 苦肉の策×
正 苦し紛れの策〇

内容は文字通り「そして伝説へ」
DQ3より

FC版パッケージを再現。
勇者が若干、キッズっぽいのに目をつむれば
背景も含め良い出来。
DQ10内では勇者と魔法使いを除くと
そのまんまな見た目装備がすでに存在している。
(この画像にはいないけど賢者のも)

解析によるとDQ3魔法使いの
装備はデータ上、すでに存在するとか。
いまだ実装されていない。

天空3部作

4~6までで1つのシリーズ。
天空城関連以外はシリーズのつながりが薄い。
馬車を連れ、戦闘中PTを
入れ替えられるのがこのシリーズの特徴。
初のAI搭載
DQ4より

原作ラストシーンを完全再現。
なぜか死人が生き返り周りが突然お花畑になる。
これは勇者が最後に見た妄想なのでは…

リメイク版の6章は賛否両論。
せかいじゅの花はここで使うべきじゃ。
主人公が勇者じゃない初の作品
DQ5より

仲間モンスターシステムが初めて登場。

主人公のコスプレが比較的容易。
NPCや他人の非表示機能を
うまく使って撮影したようだ。

原作は物語の途中、結婚イベントが発生。
DSリメイク版では嫁候補が3人に増加。
なお、宿屋を一切使わないプレイをしても
嫁はキッチリ妊娠する。つまり、最初で…

DQ10では、うまくいくと
リアルで結婚する事が出来る。嫁候補は
3人どころじゃなく数万人、ヤッタネ!
2つの世界を行ききする冒険
DQ6より

オープニングシーンおよび
序盤の山場前を完全再現。

髪型はDQ6主人公そのまんまなのが
最初からあったりする。
っていうか、DQ11にも
DQ6主人公とそっくりなのいるんだけど!?

本編の世界観は非常に独特で
自分が現実だと思っていたのが夢の世界で
「幻の大地」と呼んでいた世界が
現実世界だったのが中盤、判明する。

今、ワイがいる世界も
ひょっとしたら夢の世界なんじゃないかな。
本当のワイは、きっと
博士号持ちつでオリンピックのメダリストで
職業は宇宙飛行士。
はやく夢から覚めないかなー。

夢の世界の方が後の4~5の世界になる。
現実世界の方は1~3の世界と
繋げようとしたけど止めたらしい。

※サテラビューでの堀井先生のトークより。

DQ7

平均クリア所要時間100時間

非常に長い上に、フリーズが多かった。

現在と過去を行き来し
過去の行動で現在が変わっていく。

ところで最近のアニメ、ラノベは
過去に戻って何度もやり直す
タイムリープものか異世界ハーレムを
バカの1つ覚えみたいに
やってる気がするのは偏見だろうか。

DQ8

ゼシカのボンキュボンは再現不能

主人公の服はレンタル衣装で存在する。
背景の馬車にトロデを乗せたり芸が細かい。
ドワーフヤンガスはぴったりだけど
なぜ、ククールが魚…

スキルシステムが初めて搭載され
現在のDQ10も似たようなシステム。

単独の作品であるものの
別名でラーミアが登場。

箱舟シリーズ

やりこみ要素がすごかった
DQ9より

ガングロ妖精まで再現。
中央の主人公を含め、それ単体だと
よくわからないけど
リッカっぽいのと一緒にいると
それらしく見える。

DQ10と世界観を共有してるはずだけど
繋がりがイマイチあやふや。
グランゼニスも登場するけど
「人間は失敗作だ、滅ぼす」って感じで
9個に分離し、虐殺する化け物になっている。

DQ10のグランゼニスと大違い。

そしてDQ10
なんということでしょう。

原作とまったく同じグラフィック。
オープニングムービーに登場する
キャラクターたちが勢ぞろい。
この背景のドラキーどうやってるんだろう。

※追記
実は冒険者の広場のトップ絵を再現。
まったく気づかなかった。

本編は、もはやDQ7どころではない
長編ストーリーに加え、アップデートによって
内容が追加されていく画期的ゲーム。
職人あり、クイズあり、学園あり!
いつまでも遊べる究極のゲーム!!

最終日は勢ぞろい

ドラクエの歴史がまた1ページ
エックス君と11勇者がハイタッチ。
それを見守る歴代勇者・主人公。
最終日にふさわしい見事な構図。

便利ツールにログインし
この画面が表示された時
「うっとおしい」とか思って
すぐ閉じてる人もいるでしょう。
これ、けっこうがんばって作ってるし
かなり労力かかってるからね!?
プロはそれなりに楽しめました。

DQ11発売まであと1日!
プロは迷ったあげくPS4のを
ダウンロード版で買ったゾ。
すれ違い評判よかったら
3DS版も買おうかな。ちょっと様子見。

TOPへ

アドセンス300×250


 - 期間限定イベント