ホイミソ堂 ドラクエ10攻略ブログ

*

忠義の勲章HPタイプが地味にすごい!便利さを解説

   

職業の証不遇職の救世主

忠義の勲章

職業の証に戦闘とまったく
関係の無い効果がついてる職や
呪文被弾時にMP回復とかふざけた
効果がついてる職に超有効。

基礎効果は会心&暴走ダメージ+30と
HP4にきようさ10。

合成でつく効果は3種類
最大値で重ねると、それぞれ

会心&暴走率 1.5%
きようさ 15(基礎とあわせると25)
HP 9(基礎とあわせると13)

ここまでブーストできる。

証枠でけっこうなブースト量

どのタイプにも有効な使い道があるけど
今回はHPタイプについて解説。

今さらHPブースト!?

とりあえず盛って損は無いのがHP。
場面によっては一定値必要な場合がある。

例えばメイヴ4での戦士。

打たれ名人Lv6、スキル180に
被ダメージー10をセットした場合
どろはきを耐えるにはHP700くらい必要。
(スキル170にセット時は705くらい)

実装当初、これがメイヴ戦士の
HPの基準になっていた。
そして今は忠義の勲章(HPタイプ)や
新装備とあわせると1つ上の世界へ行ける。
さらにブーストした姿(食事込み)

これで何が変わるのか。

デスファウンテン耐え

被ダメージ軽減マックスで
HP737あればデスファウンテンを
防御しなくても確定で耐えられる。
(170スキルに被ダメージ軽減セット時はHP747)

そして通常攻撃耐え

降魔装備一式で、炎の宝珠に守備セットしつつ
スクルト2段かかってる前提になるけど
最大値を引こうが、HP740もあれば
真やいば無しでもメイブの通常攻撃を耐える。

こいつの通常攻撃を普通に耐えるのは
はるか未来の事かと思ったらなんとかなった。

「デスファウンテンは、防御で耐えるし
通常攻撃耐えは、前提条件が多いから
どうでもいいキュ。」

そう思った方、ちょっとお待ちください。

アンクの変更も可能
HPはどろはき耐えまででいいやって人も
忠義の勲章(HPタイプ)を装備する事によって
アヌビスからセトのアンクに変更できる。

アヌビス→セトにすると
攻撃力+19、HP-26。

基礎効果に会心ダメージ30もあるんで…

HP装備かと思いきや
火力大幅アップなアクセサリ。

どろはき耐えしつつ
攻撃力560↑が容易に可能。

この勲章でカスタマイズの幅がものすごく増えた。

忠義の勲章HPタイプの解説。
メイヴに限らずHPを盛って有効な場面は多い。
作っておいて損はないゾ。

※参考文献 いぶさん堂

TOPへ

アドセンス300×250


 - プロ装備・アクセサリー