ホイミソ堂 ドラクエ10攻略ブログ

*

孤独のプロ スクエニカフェ『DQ10コラボ飯』

   

それにしても腹が減ってきた

というわけで、急きょ『秋葉原ヨドバシ内』
あるスクエニカフェへ行ってきたゾ。

ドーン

なんと予約なしで直行。
実は平日の夜は意外と予約無しでいける。

店内でガッツリとフードを食べる場合は
1時間半おきの入れ替え制
最終は21時~22時半。
プロは19時に行ったゾ。

飛び込みで入店成功

注文はタブレットでワンタッチ。
コミュ症のボクが
店員さんと喋らずに注文できる!

現在、DQ10コラボ中
店内の内装やメニューはDQ10一色。
ベホマソ焼きそばパン 850円
学園で大人気のあのメニューを再現。
パンに切れ込みが入っており
焼きそばを収納可能。

実物が目の前にきて初めて知ったけど
けっこう、アツアツ。
あと注文から来るまで超はやい。

時間かかると思って萌え萌えメンコ始めたけど
1分かからず来て、2ターン目で投了した。
「わたしの負けだな。」

せかいじゅのしずく 550円
「こいつを飲むと調子がいいんだ。」

ドリンクを注文すると7種類の
コースターからランダムで1個もらえる。

いきなりキュルルをツモォォー!!
ありがとう青山さん。
焼きそばを入れようとするも…

パンが思いのほか硬く、やきそばを入れづらい。
おまけにパンの味がそっけない。

しかたなくハシでパンを崩して絡めて食べた。
とにかく焼きそばとパンを同時に食さないと
確実にパンが余る。

初見でこの食べ方に辿り着いたのはさすがプロ。

これから行って、これ食べる人は
絶対この食べ方真似した方がいい。

完食

目と口を食べてみようとしたけど
これは食べ物ではないようだ。
(ダンボールか何か)

正直、これはオススメできない。

食べづらい上に、パンがイマイチ…。

つづいてデザート。
キュルルのチョコムース 880円

あのカワイイ、キュルルが
ボクたちの愛好食用物質に!

ズプッ…

キュルルの腹へフォークを突き立て
肉を、臓物を、血を喰らい尽くす。
はらわたをブチまけた図

メッチャ甘い。

ちなみにこの緑のリングは飴で出来ている。

あまりに甘すぎてドリンクを飲もうと思いきや…。

エルフバイオレットスパーク 750円
甘いクリームが蓋をしていて
それを食べないと飲めなかった、地獄か。

コースターはトーマだった。

完食

このキュルルはモナカで出来ており食べられる。
とにかく甘い、全部甘い。

多重構造になっており、色んな甘さを楽しめる。

2つ、3つ・・4つ…。
マジかよ、もう口の中で味が4回も変化したぞ。

あ・・味のデパートかよ。

オレのフルコースが1つ決まったぞ

ほんとに色んな甘さで攻めてくる。
甘いの苦手な人は注意。

店出た後ペットボトルの
お茶をグビグビ飲んだけど
口の中の甘さがなかなか消えなかった。

グッズ販売もあるゾ

ここにしかない限定グッズもあり。

マグカップを購入(2000円)
このカップはかなりでかい。
割とマジで、ワイが今まで手にした
マグカップの中で1番大きい。

あとたまたま、以前オフに来た事がある人がいて
なんかキュルルの缶バッジもらっちゃった。
超うれぴ!!

これは店内にあるガチャガチャでたまにでる。
(1回300円)

店内はどんな感じだったか

かなりゆったりしたスペースで食事を楽しめる。
時間も遅かったんで会社帰りとかで
フラッと1人で来てる人も何人かいた。

ワイの隣の席の人が海外の方だったんだけど
店員のおねーさんがめっちゃ流暢な
英語で対応してて、超びびった。

ちなみにその海外の人(多分アメリカ人)
勇者姫のアンルシアのボルシチプレートと
キュルルのチョコムースを食べていた。
ひょっとして10プレイヤーかよ。

その人の食べ終わったかと思われる
食器を下げる時、男の店員さんがきて
その人は英語があまり得意じゃないようで
応対にあたふた。

「Finish? Finish?」
「OK!]

みたいな会話はワロタ。

本当に孤独なプロ

この内容で3030円は安い。
おなかいっぱい食べて安い!
(マグカップとあわせると5030円)

DQ10コラボ中のスクエニカフェを紹介。
1人でも十分楽しめるゾ。
もし、1人でイクのが寂しい場合は
適当なエル子にトゥイッターのDMで
「夕飯どう?」
「夜がダメなら明日モーニングでも?」
と、優しく誘ってみよう。
コラボイベントは12月15日まで。
営業時間は9~22時くらいと長めで嬉しい。
平日夜は予約なしでもけっこういける。

TOPへ

アドセンス300×250


 - 孤独のプロ