ホイミソ堂 ドラクエ10攻略ブログ

*

プレイヤー座談会に行ってきたぞー!完結編

   

座談会、クライマックス!

議題4 過去コンテンツの改修案
これは、超重要でしょう。

まず、槍玉にあがったのは

「不思議の魔塔」

「ローグのようなゲーム性を想像していた。」

※注釈
ローグ=風来のシレンやトルネコみたいな感じ。

「最適な職で同じ事をするだけでつまらない。」
「ドルアーガの塔みたいに
果てしなく上へいけると思った。」
「もう行く意味がない。」
「バージョン2の頃からそびえたっていて
すごく期待していたのに…。」

などと、とびだした感想はネガティブなものだらけ。

よーすぴ「でもさ、あれで
初めて触れる職や武器もあったんじゃない。」

たしかに、あんなに真面目に
フリーズブレードを撃ったのはあそこだけだった。

「レベルが低い人ととも遊べるのはよかった。
報酬もレベルが低い人にとっては嬉しい物ばかりだし。」

魔塔がどうなって欲しいか改修案

「あの塔の高さで20Fまでなのはおかしい。
どんどん上へ登りたい。」
「しかし、あのゲーム性で
続きがあってもおもしろいのか?」
「報酬の種類を増やしてはどうか。
ふくびきやメダルみたいなのでなく
新しいアクセサリーとか。」
プロ「それを増やすと
やらないきゃいけないコンテンツになってしまう。」

結局、根本がおかしい。
続きを作ったり、報酬が増えてもしょうがない。

本気で改修するなら
別ゲームにするくらいの改革が必要。

そんな雰囲気の中、でた案は…。

「魔塔にメテオ落としとく?」

※注釈 メテオ=FFの魔法。
この場合の使い方はFF14が元ネタで
一回、ぶっ壊して新しく作り直すという意味。

ふざけてるようにみえるけど
完全に新しくするか、無くすのはいいと思う。

しかし、魔塔を壊すというのは思いのほか大変なようだ。

「崩壊したマップにさしかえないといけないため
意外と大変なんですよね。」

色々あーだ、こーだ言い合いましたけど
ベストな改善案は出ませんでした。

壊すか、まったく新しく作り直すのが
いいかもしれないけど
ここに、そんな労力を割くなら
他コンテンツをがんばってほしい。

カジノ改善案

はいはい、これはボクがいいました!

バージョン3の微妙だった大型コンテンツって
『魔塔』『学園』
次、学園が来ると思った?
あれは完結してるからいいんだよ…。

あまり話題にならないけど
もったいない状態なのはカジノだと思うんだよね。
シリーズおなじみの人気コンテンツのはずが…

現在は、やればやっただけコインが貯まる。
コインを増やしても大して嬉しくない。

つい最近だと、カジノコインの
景品にカードを増やして欲しい案に対して
みんながカジノコインいっぱい持ってるから
景品の追加はムリみたいな事言ってたし…。

でも、ゲーム自体は悪くないんですよ。

いっそ、カジノコインをリセットしてみては?

安西先生「カジノコインのリセットは
開発内でも案としてあがってますね。」

やっぱ、あるんだ。

それは、強く推奨します。

ここで盛り上がれないのは
ほんともったいない。
うまく調整できてれば、プレイベや
配信でも盛り上がるのになぁ…。

「カジノにメテオ落としとく?」

なんて、魔塔に続いてメテオ案。

他には、コインを新しくするという案など。

特に結論はでないで終了したけど
カジノにメテオお願いします!
あの場では言わなかったけど
マジスロと麻雀の導入もお願いします!!

インターフェイス改善案

チームを2つ以上持てるようにならないかという案。

2つ持ちたいって人もけっこういるみたい。

例えば、もすモス団のござえもんさん。

「ほら・・強ボス4万の依頼あるヨ…。
あいつやっつけると得だよ、ほら行ってきな。」

という、日夜、強ボスを殺す事だけを考える
死の商人プレイを組織化してやってるけど
チームはバラバラらしい。

ござえもん「ニクイ・・強ボスがニクイ・・・」

この団は、チームではなく
おそろいのドレスアップにして高額依頼を配布。

ちなみに毎日誰かしら高額依頼をツモっており
1年半以上、高額依頼が無かった日はないらしい。

と、まぁ、2つ持ちたいっていう人も
けっこういるけど、もし2つ以上持てたら
チームを掛け持ちする事による
揉め事やギスギスが、けっこう発生すると思います。

実際、他ゲームではよくあるんです。

もすモス団みたいなチームとの掛け持ちでは
起きないと思うけどね。
決まった時間での、意義ある活動だし。

その事もあってか、運営は
チーム掛け持ちには慎重。
代わりになってない部分もあるけど
ルームの活用を推奨している。

で、そのルームに関して
不満がある人が多かった。

みんなも感じてるだろうけどズバリ!

「マックス20人は少なすぎる。」

できる限り増やせるようにしたいと
青山さんはいってました。
ついでにフレンド枠の拡張案もあがってたけど
この辺は、技術的な問題で
どこまで増やせるかはわからなそう。

あとはフレンド欄を見やすくしてほしい指摘などが。

「ある日いきなり名前変更した
エアフレとか、誰だかわからなくてビビるよ。」

フレンドをメモする機能の
提案などがされておりました。

時間がいっぱいっぱい!

今回の座談会はすごく楽しかったけど
時間が足りなく、最後は駆け足になっていた。
長くてもだれるんだろうけど
ちょっともったいなかったな…。
初回なんで、しょうがないか…。

最後に、まるさんが締めにふさわしい質問。

まるさん「DQ10って10年運営が
目標でしたけど10年で終わるんですか?」
よーすぴ「今の規模だと10年では終わらない。
まず間違いなく、それ以上続く。」

モデルケースとして
16年目に入っているFF11と比較していた。

ワイも、今の人口推移だと
10年目でもアクティブユーザーを
多数抱えたままサービス継続してると思う。

こんな感じであっというまの3時間15分だった。
もっと斬り込んで欲しいと思った人が
いるかもしれないけど、斬り込もうにも
時間がまるで足りなかった。
これがやつらの策略かもしれないっ…!
今後も座談会は行いたいようで
その場合は、今回参加したメンバーが
全員再参加する事は無いともいっていた。
1部残して、新しい人たちと入れ替え。
今回はありがとうございました!
またイきたいなっ。
ー最後にー
座談会の内容は、すべて脳内の
記憶から抽出して書かれており
もしかしたら実際の内容や会話と食い違ってる
部分があるかもしれません、その時はごめんなさい。

TOPへ

アドセンス300×250


 - DQ10TV・公式イベント